CANbooster

信頼できるCANデータ転送

データシートのダウンロード

困難な動作条件下でも信頼できるCANデータ転送

  • より高い電圧レベルでのCANデータ転送
  • 過電圧インパルスに対する防護
  • 最大1000フィートまでの範囲

導電性の悪いコネクションは回避

通常、CAN信号は非常に低い電圧レベルで送信されます。しかし導電性の悪いコネクションを送信中に回避する必要がある場合は、この電圧レベルでは不十分です。CANboosterは常に「バイパス」として作動し、双方向のデータ転送を実現させます。このプロセスでは、CANインターフェースで受信されたCANメッセージは、ISO11898-2に準拠したCANよりもかなり高い電圧レベル(8V/16V 電圧差)を持つCANboosterによって2番目のCANboosterに転送されます。2番目が次にデータをCANバスに送信します。品質の劣化した導電性の低いコネクションはもはや障害とはなりません。ブースト インターフェース間のケーブルの長さは最大で300mです。CANboosterの高い絶縁耐力は、故障からの保護反応もありますが、接続中のCANデバイスが過電圧から保護されることを意味します。


困難な状況でも信頼できるデータ転送

CANboosterは、ロバストな防滴プラスチックハウジングが施されており、困難な環境条件でも使用できます。港湾クレーンは、CANboosterを適用できる理想的な分野です。ここではキャビンからクローへの制御信号の伝達に変動コネクションが頻繁に使用されます。好ましくない気象条件のために、これらの変動コネクションは、しばしば品質が劣化しているかまたは腐食しています。デバイスのCAN側とブースト側は絶縁処理が施されています。


製品バリエーション

CANbooster5101
CAN (絶縁)1
ブースト インターフェース1

接続性

  • INOUT
  • CAN (1)有効有効
  • CAN (2)有効有効

マッチング ソフトウェア ソリューション