CANメッセージの受信、編集、送信がPCで簡単に

CANメッセージの処理が簡単

Proemion CAN-Device Monitorは、PCを利用してCANメッセージを受信、編集、送信するためのツールです。PEtools Monitorは、CANopen機能の実行も可能にします。


CANopen機能の問題のない完了

Proemion CAN-Device MonitorのCANopenツールは、基本的なCANopen機能を完了するためのさまざまなオプションを提供しています。例えば、SDOと他のCANopenデバイスとの交換 (SDO転送)、NMTコマンドの完了、CANopenノードの検索 (Node Scan) などで、これらの監視 (Node Guarding)も可能です。CANopenツールはEDSファイルもサポートしています。つまり、EDSファイルを使用してCANopenノードの設定が可能です。


さまざまな編集オプション

Proemion CAN-Device MonitorではCANデータがあらゆる方法で視覚化および生成されます。必要に応じ8つの表示フィールドを個別に編集できます。横棒グラフ、縦棒グラフ、各種ポインター、LED、グラフ、数値表示(16進数、10進数、ASCII、Byte)は編集可能で、のこぎり波と三角波がCANデータの生成に使用できます。


送信と受信が簡単

Proemion CAN-Device Monitorは、11ビットおよび29ビットのCANメッセージの受信および送信に使用できます。Proemion CAN-Device Monitorの受信ウィンドウにあるハードディスク上の受信CANデータは、10進数、16進数、またはASCII形式で表示可能です。これに関連し、毎秒CANメッセージカウンタおよびCANメッセージが着信CANメッセージをドキュメント表示します。受信ウィンドウはまた、送信ウィンドウに切り替える必要なしに送信オブジェクトへのアクセスを可能にします。