Local Connectivity

複数のCANバスネットワーク、もしくはWi-FiやBluetooth経由の移動体間またはインターフェース間のワイヤレス接続により、マシンツーアプリ通信を確立します。

パンフレットをダウンロード エキスパートに連絡
ユースケース 1

ワイヤレス CAN-to-CAN ブリッジ

御社の機械は1つまたは複数のピアとのスマートなマシンツーマシン(M2M)通信を確立できるようになります。単純なポイントツーポイントCANブリッジングから、異なるCANlink® wirelessデバイスへの名前による自動接続や、最大7つまでの接続モジュールへのCANデータの同時送信まで、活用方法はほぼ無限です。例えば、けん引車両は、グループ名と最高の信号強度に基づいて自動的にトレーラと接続するように構成できます。

ユースケース 2

ワイヤレスCAN-to-Bluetooth / Wi-Fiインターフェース

弊社の Local Connectivityソリューションは、御社の機械のCANバスをインターフェース(スマートフォン、コンピューター、またはあらゆるその他のネットワークデバイスなど)を使用してリモート接続するのに最適です。ご使用を始めるにあたり、PCまたはAndroid用の弊社のDashboard Softwareをご使用ください。代案として、Byte Command Protocol APIを介し弊社の機能を御社のAndroidアプリまたはiOSアプリに統合することも可能です。

主な利点

機械CANデータのワイヤレス送信により、複雑さを軽減、新しい活用を可能にします

ケーブルを時代遅れに

複雑なケーブルを使用する代わりに、Wi-Fi / Bluetoothを介して最大450メートル(1,470フィート)の範囲にCANデータはワイヤレス送信されます。

マシンツーアプリ通信

スマートフォンやディスプレイなどの既存のインターフェースにデータをリアルタイムで配信することで、御社の顧客が新しい方法でマシンと交信できるようにします。

重機用に設計

このデバイスは、ほこりや水を通さないIP67保護等級を備えており、オフハイウェイ車両への活用に最適です。

ケーススタディ

Local Connectivityにより、BOMAG社がオペレーターの日常作業プロセスを改善している方法をご覧ください。

関連製品

CANlink® wireless 3000 

CANlink® wirelessは、Wi-FiおよびBluetooth経由の高速ワイヤレスCANベースの通信を可能にします。

このデバイスは車両のCANバスに直接接続し、低遅延で双方向の無線接続を実現します。追加のプログラミングは必要なく、接続した瞬間から機能します。

IP67防護(外部アンテナ付きIP65)を備えたデバイスのロバスト ハウジングは、農業、建設、鉱山用の機械に特に適しています。現場の御社の機械へのワイヤレスアクセスや、機械間でのデータ交換に最適なソリューションです。

ハードウェアを表示

Proemion Dashboard

Proemion Dashboardを使用すると、稼働時間、油圧、冷却水温度、速度などのさまざまなCANデータを視覚化できます。とりわけ、数値表示、ポインター計器、縦棒グラフや折れ線グラフは、サイズもデザインも必要に応じて調整、移動、編集が可能です。

また、既存の接続中にデータをログに記録し、後に再生することも可能です。

ソフトウェアを表示
お問い合わせ

御社のIoTプロジェクトを促進します。

ソリューション・エキスパートに連絡

世界の多くの最有力企業が、Proemionを信頼しています。