使用例

サービス業務を遠隔で行うことで、出張費を20~30%節約することが可能

従来の診断システムでは、機械とPCをケーブルで直接接続し、サービスマンが現地に出向いて診断を行っていた。もちろん、お客様のもとに出向く必要があるため、出張費・人件費がかさみます。また、お客様をお待たせすることにもなります。リモートサービスなら、コストを削減し、顧客満足度を向上させることができます。

  • 解決方法

    OEMサービス・クラウド

  • オウトコメ

    サービスコストの削減

問題点

オンサイトのサービス業務が、不必要に高いアフターサービスコストを発生させる

多くの OEM はすでに遠隔診断の利点を生かし、オンサイト・サービスを効率的に行っています。先見性と計画の利点がなければ、技術者が顧客サイトに到着したとき、彼は手元にないスペアパーツが必要であり、修理は再スケジュールと追加の訪問が必要になることに気づくかもしれません。また、リモート診断で判明していたはずの予期せぬ要因で、技術者が客先でより多くの時間を費やすことになる場合もあります。そして、彼のスケジュールが狂い、他の顧客に迷惑をかけることになります。

OEM にとって、従来の診断がもたらす好ましくない結果は、回避できたはずのアフターセールスのコストと、顧客満足度の低下です。顧客にとってはもっと深刻で、機械のダウンタイムや、サービスマンが到着してサービス案件が解決されるのを待つ間の収入減の可能性などがあります。

ソリューションとメリット

サービス訪問の回避、出張費の削減、顧客との関係改善

ワークフローにリモートサービスを導入すれば、ディーラーや顧客のマシンはマウスをクリックするだけでアクセスできるようになります。当社のテレマティクス制御ユニット(TCU)であるCANlink® mobileを使用すれば、世界のどこからでもマシンのECUにリモート接続することができます。

サービス技術者は、マシンコントローラとサービスツールの間に接続を確立し、マシンデータを読み取り、管理することができます。これにより、サービス技術者はサービス依頼に迅速に対応できるようになり、サービス提供に対する顧客満足度が向上します。多くの場合、機械の稼働中に診断を行うことができます。これにより、エラーを迅速に特定することができ、機械所有者のために機械のダウンタイムを削減することができます。

豊富な診断・サービスツールオプション

ProemionリモートサービスツールをCANデータのモニタリング用診断ツールとして使用したり、弊社のCANlink®モバイルバリアントを使用して既存のサービスツール(Danfoss PLUS+1®サービスツールBODAS-サービスソフトウェア)を使用したりすることが可能です。

ビジネスにおけるメリット

リモート診断により、リソースの計画を立てやすくなり、スタッフのトレーニングの必要性を抑えることで、さらなるコスト削減が可能になります。新機種に対応したリモートサービスをコアグループに教育することで、サービス技術者のトレーニングコストを最小限に抑えることができます。また、各作業の内容、必要なスペアパーツ、コール完了のために配置する必要のあるサービス技術者を把握することで、スタッフの配置やスペアパーツの在庫をより効率的に計画することができます。お客様のフィードバックによると、OEMは出張費を20~30%削減することができ、同時に機械の所有者によりよいサービス体験を提供することができます。

旅費を節約しているお客様の事例を見る