使用例

テレマティクスで利益率の高いオリジナルパーツの売上を伸ばす

保証期間終了後、顧客はサードパーティのスペアパーツに移行することが多く、自社のマーケットシェアが脅かされる可能性があります。テレマティクスを活用することで、保証期間終了後も顧客とのコミュニケーションを継続し、サードパーティへの移行を阻止し、純正スペアパーツの売上を増加させることができます。

  • ソルティオン

    グローバルコネクティビティ

  • 成果

    売上増

問題点

長期的な顧客との関係を築くには、継続的な保守サービスが鍵になる

保証期間中、OEM はテレマティクス主導のメンテナンスソリューションで付加価値をつけることで、機械の寿命が続くような顧客との良好な関係やロイヤルティを築く機会を得ることができます。

OEM は顧客のテレマティクスデータにアクセスでき、機械のデータとメンテナンスタスクなどの機能を組み合わせて、機械の純正スペアパーツや消耗品(オイルやエアフィルター、タイヤ、ショベルの歯など)の販売を促進することができる。

しかし、保証期間が終了しても、顧客とのビジネスを維持するための長期的な計画がなければ、顧客との関係が悪くなる可能性があります。

ソリューションとメリット

保証期間終了後のお客様に新しいサービスオプションを提供する

お客様のマシンの個々のコンポーネントのことを、お客様以上に知っている人はいません。この知識を収集したテレマティクスデータと組み合わせて、保証期間終了後も顧客に追加サービスやテレマティクスへのアクセスを提供することができます。

スペアパーツビジネスを後押しするテレマティクスベースの戦略により、顧客満足度と顧客維持、そして評判を向上させることができます。例えば、以下のようなものがあります。

  • 純正品やメンテナンスサービスを購入した顧客へのインセンティブとして、保証期間外にもテレマティクスを利用できるようにする。
  • 自動メンテナンス管理を提供し、顧客が考える前に、メンテナンススケジュールに基づいてどの機械部品の交換が必要かを確認できるようにする。
  • 必要なスペアパーツや消耗品をリストアップし、今後のメンテナンス作業を通知することができます。データポータルのメンテナンスタスクには、顧客が必要な製品を簡単に購入できるように、ウェブショップへのリンクも含めることができます。
  • あらかじめ定義された閾値(例:運転時間数)を超えた後、または特定のDTCなどの一連のイベントが発生した後、機械の性能低下や故障のリスクが生じる前に、交換部品や消耗品の自動発送を顧客に提供することができます。これにより、お客様にとって便利で、ダウンタイムや不要な労働時間のロスを回避することができます。

テレマティクスを活用した戦略を今すぐ始めよう