Data Portal

Tテレマティクス・データを提供および遂行する最も簡単な方法

データシートのダウンロード
Data Portal Screen showing Telematics Data

どんな画面でもアクセス可

最新の「対応型」デザインは、世界中のどこからでも、どんな画面からでも、オンラインアクセスを可能にします。

強力なデータツール

ご希望のデータセットを迅速に探し出し、そしてご必要な情報を取得するために弊社のツールを適用します。

直ちに配備

御社のテレマティクスサービスを、お客様やチームに世界のどこでも、いつでも提供できます。



テレマティクス データの利用と分析に必要なものが勢ぞろい

Proemion Data Portalは、御社のお客様と社内チームに、そのテレマティクス・データにアクセスを提供する最も容易な方法をご提案しています。そして、御社は御社のユーザーにどんな形態であれ、データの制御、管理、利用などのユーザーの目的に最もかなう、必要なツールを提供することが可能です。

あらゆる目的に既製のPortal

御社独自のPortalの開発に関してご懸念されることなく、テレマティクスサービスの提供に弊社のものを代わりにご使用可能です。ご必要なすべての機能に加え、いくつかのカスタマイズ オプションが用意されているので、ご希望のどなたにでも迅速に、ブランド付きのユーザー経験をご提供になれます。

オンデマンドで誰にでも配布

Data Portalは、全てオンラインで弊社のAPIにより100%活用されます。つまり、御社は誰にでも、どこにでも、いつでも、瞬時のアクセスが提供できます。さらに、Portalは他のウェブサイト同様に基本的にアクセスされるため、御社は期限切れソフトウェアのご心配の必要は決してございません。

データ処理を、迅速かつ容易に

ご要望のデータセットを迅速に探し出し、このデータをお好みに応じて可視化あるいは集計するために、弊社の強力なデータツールをご使用ください。弊社の高度なデータ集約アルゴリズムのおかげで、数百万の未加工データポイントを単一の値に表現することが、わずか数ミリ秒しか所要しません。

一貫性のあるブランドとユーザー経験をご提供

Data Portalをご使用になると、テレマティクスサービスを提供用に御社独自のPortalを作成するご面倒がなく、一貫した高品質のユーザー経験を迅速にご提供になれます。独自のブランドと好みのカラースキームを適用するためのいくつかのカスタマイズ オプション付きで、セットアップにご必要なものがすべてあります。これは、単純に最小の労力で100%機能的なPortalを得る最も速い方法です。

御社のデータを洞察に変換

御社のフリートのデータは、業績向上から、顧客経験の向上や新しい収益源の確保までもたらす、最も貴重な資産です。そのため、御社の目標を迅速に最小の手間で達成されるのに役立つ、データの可視化と分析ツールがご必要です。

構成化

PotalとDashboardをセットアップして、御社にとって最も重要なデータに常にアクセス可能にします。

自動化

マシン テレマティクス データは、ほぼリアルタイムで自動的に更新されます。 何かなさる必要はありません!

適応

時間の経過と共に、状況、必要性、そして環境が変化しますが、Portalで迅速に適応させることができます。

反応

最も便利な形式で、明確かつ正確に提示された、実行可能なデータに基づいて意思決定と調整を行えます。蓄積されたすべての過去データに基づいて新しい洞察を発見したり、大部分最新のデータに基づいて新たな傾向に反応したりすることができます。

次にスタート: データを行動に

御社のフリートのデータは、詳細情報を得た上での決断をするために、知る必要があることをすべて伝えます。したがって、弊社が次回リリースするData Toolをご使用になると、関与する必要がある時の通知がされ、人手の介入なしに適切な使用と安全対策を自動的に実施することが可能になります。

構成化

御社の独自KPI、基準値、およびシナリオモデルを追加なされば、直ちにアラートを出すトリガーを作成になれます。

自動化

一旦、トリガーを設定すると、すべての要件が合う場合、自動的にアラートを受けるようになります。

適応

より多くのデータ、新しい洞察、そして傾向に基づいて、いつでも御社のモデルを調整したり、改善したりできます。

反応

トリガーが作動すると、反応は自動的かつほぼ瞬間的に行われます。お客様がData Portalでシナリオを設定すれば(例えば、ジオフェンスの強制や不適切な使用の警告)、エンドユーザーや社内チームに、人手による反応が必要であることをアラートするなど、お客様に代わって反応できます。


セキュリティを強化する専用のAdmin Portal

Data Portalに加え、Admin Portalにもアクセスできます。専用の管理ツールはデータ消費ツールとは別になっているため、御社はユーザーのアクセスと権限のさらに安全な管理が可能です。どちらのPortalも途切れることなく一体となって機能しますが、Admin PortalだけがData Portalの変更(権限の付与や取り消しなど)に影響を与えられます。

見事なビッグデータ性能

ほぼリアルタイムで数十億のデータポイントを収集しているという理由だけで、ユーザーが画面上のデータポイントを逐一確認する必要はありません。これは御社のサービス性能を深刻に落とすでしょう。そして、このデータの大部分は、いずれにしろ何も有用なことをお客様に伝えません。少なくとも、それが正規化されて集計されるまで!

迅速なデータ集約

弊社のデータツールは、ご必要なデータセットを迅速に見つけるのに役立ちます。そして弊社のデータ集約アルゴリズムは、数百万のデータポイントを集約し、ミリ秒単位で単一の(より有用な)値にします。

迅速な掘り下げ調査と傾向の識別

Data Portalを通じその場で素早くデータを集約できるため、データをより深く掘り下げて、決断にご必要な洞察と傾向を正確に把握することは、容易なことになります。わずかな調整を逐一待つ必要はありません。御社はすぐに求める回答が得られます!

世界に認められたデータセンターとクラウドサービス

ビッグデータ性能がこのレベルであるのは、すべて弊社の世界に認められたデータセンターとクラウドサービスの結果です。計算能力やデータ処理能力が足りないという事態は決して起きません。御社の顧客は、サービス性能を落とすことなく、複数の複雑な集約とデータ検索を実行できます。

複数データの可視化とレポート オプション

Data Portalは、幅広い可視化とレポート オプションを提供しており、全ユーザーが希望する形式で、自らの画面上で、必要なデータを正確に取得できるようにできます。また、単一のセットアップや調整を行うことに止まらず、将来のビジネスニーズ、性能動向、そして顧客の期待に常に対応可能です。

柔軟なウィジェット ベースのDashboard

すべてのマシンデータは、ドラッグ・アンド・ドロップ・ウィジェットを使用し、可視化または表形式化が可能です。御社のDashboardに何かデータが足りない場合は、新しいウィジェットを作成し、ご必要なシグナル、集約、時系列、およびビジネス オブジェクトを選択するだけです。

ほぼリアルタイムで自動レポート

御社がData Portalで設定したいレポートがあれば、システムがすべてを最新の入手情報で更新してくれます。ユニットが範囲外にある場合、再接続時にデータが転送されます。

データの安全な分析と傾向の識別

Data Portalのユーザーがシステムを「傷つける」ことは形はどうあれ不可能です。ユーザーはPortalを使用しデータを消費できるだけです。従って、傾向を識別して測定するために、データを操作する完全な自由が与えられ得るのです。

完全なマシン履歴へ、継続的なアクセス

これまでに製作したすべてのマシンから、単一のマシンや個々のセンサーまで、性能、ステータス、そして使用データを確認できます。これには、接続の最初の瞬間から現在の瞬間までに収集された全データが含まれます。データセットは、含まれるデータポイントの数に関係なく、正確に必要に応じて、手軽な作成、修正、グループ化、そしてその場の判断で集約が可能です。

マシンと常に接続を維持

Data Portalは、御社のフリート全体を統制、管理、そして監視を行うために単一の画面を提供しています。御社はまた、ユーザーが確実に必要なデータ(単体のマシンまたはフリートなど)を取得できるように、ユーザーを簡単に限定し、有用なデータと洞察を見つけるのに必要なすべてのツールを提供することもできます。

グローバルなマシンの監視

マシンは、CANlinkユニットが起動し接続されると直ちにシステムに登録されます。これにより、御社は常時、すべての御社の製作マシンの使用状況と性能を監視することができます。

グローバルなフリートの管理

登録されたすべてのマシンは、Data Portalを用いて管理が可能です。御社は一つの画面からフリート全体を管理し、エンドユーザーが自分のマシンやフリートを管理できるように権限を有効にすることができます。

グローバルな双方向のコミュニケーション

任意のマシンまたはセンサーから、いつでもデータを取り出せるだけでなく、いつでも任意のマシンにデータをプッシュできます。これにより、御社はData Portalのみを使用して、いつでも接続されたマシンの更新、アップグレード、クエリ、およびサービスを行うことが可能です。

徹底したアクセス制御とユーザー権限

Data Portalは、数百万台のマシンを接続するグローバルなフリートの管理ツールとしても、あるいはマシン オペレーターのための単純な性能監視ソリューションとしても使用できます。これは、いかなる組織レベルでも安全なユーザー管理を可能にする、弊社の専用Admin Portalによって実現されます。

さらに多くの機能と利点

Data Portalは、御社の顧客および社内チームにマシンデータへの即時アクセスを提供します。必要なのは、Data Portalへのリンクと管理者によって割り当てられたユーザーアカウントだけです。

ユーザーアカウントおよび権限は、適切にアクセスが許可されているかを確認するため、Admin Portalで管理が可能です。アカウントはCANlinkユニットID番号に基づいて、個別ユーザーに割り当てることもできます。

Proemion CANlinkユニットで集められた全データは、ほぼ即時に消費と分析が可能になります。さらに、集められた全データは、御社が選択されたクラウドに永久に保存されます(注: Proemionは、弊社のData Platformソリューション経由でデータストレージ用のクラウドサービスを提供します)。

完全にワイヤレス(OTA)で、マシンのソフトウェアとファームウェアの更新、パッチの適用、そしてアップグレードが可能です。これには、そのステップが必要な場合に御社のマシンのファームウェアをフラッシュする機能も含まれます。

通信範囲外にあるマシンは、再接続されるとすぐに更新されます。
WiFiまたはBluetoothを使用してOTA更新する方がより便利な場合は、それも可能です。 BluetoothまたはWiFiのみに限定されている場合、またはモバイルデータを使用しないことをご希望の場合は、弊社のLocal Connectivityソリューションについてお問い合わせください。

Data Portalの外観は、御社のロゴやブランドカラーを入れて簡単に再加工が可能です。

定義範囲と合意に基づいて、ユーザーインターフェイスのさらなるカスタマイズも可能です。これは、Proemionベースのテレマティクス・ソリューションをデザインおよび構築する当初の合意の一部に含めることも、もしくは御社の変更の必要性と前提条件に基づき、後の段階に含めることも可能です。

インターネット機能とアクティブな接続がある任意のデバイスを使用し、Data Portalにアクセスできます。Data Portalは、あらゆる画面で動作するように設計されており、使用中のデバイス自体の解像度に適応します。

注: インターネット接続やData Portalを使用せずにテレマティクス データにアクセスすることも可能です。弊社のLocal Connectivityソリューションについてお問い合わせください。

テレマティクス データへのアクセスを提供するために、モバイルアプリを開発または使用する必要は全くありません。

Data Portalは、Web経由で配備され、レスポンシブ デザインを使用しているため、御社のテレマティクス データにアクセスするために必要なのは、有効なURL(およびユーザーアカウント)だけです。御社のモバイルのホームスクリーンにリンクを追加するだけで、設定はすべて完了です。

ご希望があれば、モバイルアプリを使用するというオプションも、まだあります。弊社のREST APIを使用して、御社のモバイルアプリにお客様が含めたいデータ機能と性能をそれぞれ統合するだけです。

Data Portalは、いつでもどこでも誰にでも配備できます。ユーザーの制限はありません。ご必要なのは、登録ユーザーアカウントと有効なURLだけです。インターネット接続のある任意のデバイスをご使用になってData Portalにアクセス可能です。

つまり、御社はご希望の時にいつでも瞬時に、御社のすべての顧客と社内チームにテレマティクス サービスを提供することができます。Admin Portalでユーザーアカウントが登録され、それから適切なサービスURLが提供されれば、すべて完了です。

御社の顧客の都合に合わせて、あらかじめ作られたDashboardを御社の顧客に制限なく提供することができます。顧客が独自のDashboardを作成して保存できるようにしたり、ハイブリッド ソリューションを提供したりすることも可能です。

Dashboardはウィジェットベースで、お好みのどんな方法でもデータを表示およびレポートするようにカスタマイズできます。ウィジェットはドラッグ・アンド・ドロップでもあるため、配置はいつでも個々の好みに合わせてカスタマイズが可能です。

弊社は、テレマティクス・ソリューション全体を通し、徹底したセキュリティを提供しています。

これは次のものを含みますが、限定されません:

  • 弊社データセンターの物理的なセキュリティ処置
  • 必要に応じたデータ暗号化
  • 徹底したデータ プライバシーポリシー。例えば、弊社はサービスを提供するためだけに顧客データを使用します。匿名のマシンデータは、サービスと性能を向上させるために使用される可能性がありますが、お客様の承認があった場合に限ります
  • データの復元とバックアップ
  • データベースのセキュリティ。例えば、御社の全データがプライベート データベースでホストされます
  • 100%のデータ所有権。 弊社は御社のアカウントのデータをエクスポートする時間を御社に与えずに削除することはありません

弊社のセキュリティ機能は、御社自らのセキュリティポリシーと共に、またはそれに応じて作動するように指定もできます。さらなる詳細は、サービス内容合意書(Service Level Agreement = SLA)で定義され、適用されます。

弊社は、クラウドが弊社のようなビッグデータ ソリューションに提供しなければならないすべてのものを最大限に活用しています。弊社のData Platformとデータセンター サービスを使用する際に、データストレージ、処理能力、またはデータ配信について心配する必要は全くありません。

将来へのロードマップ

テレマティクス技術の最先端で、お客様と共に輝き続けるための努力

お客様のフィードバックは、弊社の技術、能力、さらにサービスを向上させる上で不可欠です。 これが、弊社が業務の全段階で弊社のクライアントと緊密に連絡を取って仕事をすることを好む理由です。改善すべき点と次に構築すべき点を把握するために、これ以上の優れた方法はありません。

弊社は積極的にData Portalの継続的な改善を行なっており、これが御社のフィードバックが弊社にとって非常に重要であるもう一つの理由です。弊社が重視している重要活動のひとつは、開発者や非技術系のオペレーター向けのカスタマイズ オプションの追加と、エンドユーザー向けのパーソナライズ オプションの追加です。

ビッグデータは、既に優れたテレマティクス・ソリューションの現実です。弊社は既に多くのツールと優れたデータ性能を提供していますが、現状に満足することは決してありません。すなわち、現在も、そして今後も、サービス性能の改善と、高度なデータ アルゴリズムの充実に向けまい進します。

御社のマシンと車両の効率的で生産的な性能を得るには、マシンのステータスを正確に判断することが不可欠です。従って、すべてのマシンの真の状態をより正確に表現する目的で、異常データの検出を改善するために継続的に取り組んでいます。

これは、極めて多様な状況で作動するマシンからより多くのデータを収集するにつれて、自然に改善される機能です。これは、また、新しい異常事象や条件を積極的に考慮して調整し、マシンの動作状態に影響を与えないようにするためです。

真の人工知能(AI)は、驚くべき可能性を秘めた壮大な分野です。 弊社は、人工知能のサブセットで特定の使用例である機械知能にさらに積極的に取り組んでいます。

弊社の本質的な目標は、弊社のお客様のために機械学習と機械知能を有効にし供給するプラットフォームを造ることです。これは、マシンが置かれている状況を認識し、新しくて固有の環境に伴う「学習」と「問題の解決」によって、特定の目標への成功のチャンスを最大にできる行動が取れるようになることを意味します。

弊社の機械学習および機械知能への取り組みにおける継続的な発展に関する情報は、ニュースレターでお届けします。ぜひサインアップして、ご取得ください。

これらは、予測的アナリティクスと、弊社のサービスで既に提供されている継続的な双方向のグローバルな通信の自然な結果です。弊社は既に予測的アナリティクスを商業的に実行可能なものにするため、パートナーと緊密に協力しています。

一度、利用可能になると、御社のフリート内の潜在的な問題を予測し、オペレーターやモニターに自動的にアラートを出し、問題が発生する前に対処できるようになります。

また、数秒の間に安全対策を積極的または反応的に実行することも可能になる予定です。 このような実行は、受信したデータに加えて、独自のシナリオモデル、安全対策、および指定されたデータの基準値にいつも基づいています。 例えば、緊急ブレーキをかける、エンジンを停止または無効にする、異常な状況で車両に出入りすることを止めるなどです。

またこれにより、組織はついに、サービスおよびアフター・セールス・プランにおいて予知保全(Pdm)を実施することができるようになります。

予測的アナリティクスおよび予知保全における弊社の発展に関する情報は、ニュースレターでお届けします。ぜひサインアップして、ご取得ください。

マシンのインターネット (Internet-of-Machines)を展開する。これが、弊社の究極の目標です。モノのインターネット(IoT)ネットワーキング、マシンツーマシン(M2M)通信、グローバル テレマティクス接続、そしてビッグデータ サービスのすべての利点と能力を組み合わせることです。

ぜひ弊社のニュースレターにサインアップし、IoMにおける継続的な発展についての情報をご取得ください。