ケーススタディ

BOMAG

弊社のLocal Connectivityソリューションを使用し、BOMAGは、ワイヤレスのマシンツーアプリ通信を確立し、マシンオペレーターに貴重な情報をリアルタイムで提供します。

  • 顧客

    BOMAG

  • ソリューション

    Local Connectivity

  • 業界

    建設

10%燃料費節約実現15%の燃費向上(ドキュメンテーションおよび作業工程で) 100%連続的締固め品質管理対応
課題

初期の状況

BOMAGは建設機械の大手メーカーであり、デジタル掘削およびアスファルト建設現場向けのソリューションとしてBOMAPアプリを開発しました。オペレーターが作業結果を包括的に文書化するために、BOMAGはBOMAGローラーの機械データをキャプチャして直接BOMAPアプリに送信するソリューションを必要としていました。このソリューションは、BOMAGタンデムローラーおよびBOMAGシングルドラムローラーに適用するものが必要です。

ソリューション

機能と利点

ProemionのLocal Connectivityソリューションにより、BOMAGローラーは関連するマシンデータの記録、さらにBOMAPアプリへのワイヤレス送信を実現させました。具体的には、CANlink® wirelessがBOMAGローラーに取り付けられ、EVIB、温度、周波数、振幅などのCANデータをキャプチャして、Bluetoothを介しマシンのステータス情報を送信します。Proemion独自のByte-Command APIをBOMAPアプリへの統合で、データはスマートフォンまたはタブレットでリアルタイムに直接受信されます。

成果

事業成果

BOMAGローラーのプロセス関連データを利用することで、BOMAPアプリは現在の作業結果の完全なリアルタイム文書化を提供し、連続的締固め品質管理(e.g., Bawü QSBW 4.0 and CCC)の要件を満たすようになりました。

使いやすさ、リアルタイム文書化、BOMAPアプリでの視覚化に加えて、建設現場での効率が大幅に向上しました。ローラーがシングルパスを作りすぎないため、燃料と作業時間を節約できます。さらに、機械の損耗が軽減され、現場での全体的な時間管理が大幅に改善されました。

PDFファイルをダウンロード BOMAPの詳細

その他のケーススタディはこちら