製品アップデート

組織タイプ別マシンページ

マシンページを作成し、構成するための簡単でシンプルな方法です。

マシンページの管理がこれまで以上に簡単になりました:

  • マシンページの割り当て時間を短縮
  • 思い通りのレイアウトを作成、最適化
艦隊の可視化

DataPortalでは、2種類のフリート可視化が利用できる。

ダッシュボードでは全マシンを、マシンページでは1台のマシンをご覧いただけます。OEMとして、マシンページでの顧客の表示を決めることができます。ウィジェットを作成し、顧客がアクセスできる情報を決定します。このビューは、顧客がマシンの所有者であるかマシンディーラーであるかによって異なり、OEMとしてあなたが見るマシンページとは全く異なる場合があります。管理者は、OEM、機械ディーラー、機械オーナーに対して異なるビューを選択することができます。対照的に、ディーラーは、ディーラーとオーナーのための指定されたビューのみを選択することができます。

As the OEM administrator, you can select all views. The further you move down the hierarchy, only limited machine page views are available.   

以前は、機械ディーラーである顧客のために新しい機械ページを作成する場合、組織ツリーでこのカテゴリーに該当する各企業を選択する必要がありました。しかし、組織ツリーは動的であり、複雑になる可能性があります。さらに、さまざまなマシンページを作成する一部の担当者だけが、すべての組織と顧客の完全な概要を持っている可能性があります。

簡易カスタマイズ

組織タイプ別ニューマシン・ページ

新しい「組織タイプ別マシンページ」機能は、このプロセスを非常に簡単にします。以前は、OEM側の責任者が各マシンページビューの指定組織を手動で選択する必要がありました。現在、Machine Page by Org Type機能は、カテゴリーに分類されるさまざまな組織の代わりに、各ビューの組織タイプ(例えば、機械ディーラー、機械オーナー、OEM)を選択できるようにすることで、このプロセスを大幅に簡素化します。例えば、機械ページの概要の組織グループとして機械ディーラーを選択すると、そのグループに属するすべての組織が自動的に選択される。

Depending on the organization type, you can either select the default view, create an alternative view, or have it not be visible at all. 

このプロセス更新は、個々のユニットを選択し、それを維持する責任を取り除くもので、単純化されるだけでなく、エラーが起こりにくく、したがって推奨されるベストプラクティスである。

プライベート・セッティング

リスクなしに新しいマシン・ページを構築する

もう一つの利点は、マシンビューの非公開設定である。この設定により、どのような組織タイプでも、新しいマシンページをプライベートで作成し、作業することができ、完成し、承認された場合のみ公開することができる。さらに、プライベート設定のマシン・ページは管理者のみが見ることができる。こうすることで、下書きを快適に作業し、ウィジェットの組み合わせをリスクなく弄ることができる。また、以前のレイアウトをクローンして、思うままに変更を加えることもできます。

With the setting in private, you can work on a machine layout without publishing it immediately. Instead, you can finish it and only hit public if ready to make it available.

エラー通知

ページが表示されないアラート

このプロセスは、マシン・ページの欠落を警告するビルド・アラートにより、さらに安全になっている。例えば、機械ディーラーなど、組織のタイプに対応する専用のマシンページがない場合、マシンの横に赤い点が表示され、ミスを示します。欠落しているレイアウトを特定し、設定するのは簡単です。

The red dot behind the machine model alerts you that a machine page view is missing.

結論として、組織タイプ別マシンページ機能は、マシンページの作成と割り当てのための簡素化された効率的なソリューションを提供し、プロセスの時間を節約し、エラーを減らすと同時に、さまざまな組織タイプに基づくページビューをより柔軟に制御することができます。Machine Page by Org Typeのアップデートについて詳しくお知りになりたい場合は、弊社のエキスパートまでお問い合わせください。

組織タイプ別マシンページアップデートの実装方法および使用方法については、ドキュメントをご覧ください。

もう製品のアップデートを見逃すことはありません。

製品の最新情報をお届けする定期ニュースレターにご登録ください。