製品アップデート

アサイン可能なメンテナンスタスク

サービスメンテナンス計画を効率的に行うための機能

多くの企業が、より効率的で競争力のある企業になるために、プロセスのデジタル化に大きく投資しています。同時に、デジタル化を進めることで、多くの企業がペーパーレス化を実現することができます。この目標は、ESGやCSRの一環としてペーパーレス化を望むOEMやその顧客の間で高まる環境責任のトレンドと結びついています。そのため、より多くのプロセス、あるいは部門全体のデジタル化を可能にする新機能が強く求められています。理想的には、OEMと顧客の両者がこのデジタル化から利益を得ることです。

アサイン可能なメンテナンスタスクマネージャーでリソースを計画する

DataPortalのメンテナンス機能は、すでに定期的なメンテナンスサービスのためのタスクを独自に開き、指示があれば、メンテナンスタスクのすべてのステータス変化をまとめたダイジェストメールをメンテナンスマネージャーに毎週配信しています。しかし、タスクの計画はまだここまでデジタル化する必要があり、つまり、あなたのフリートの今後のメンテナンスサービスをすべて理解するのは簡単でした。それでも、チーム全体でメンテナンスのワークロードを処理することは不可能でした。

新しいアサイン可能なメンテナンスタスクマネージャーを使用すると、スケジュールされたメンテナンスとリソースプランニング機能を組み合わせることができます。DataPortalの最新リリースでは、メンテナンスマネージャーは、すべてのメンテナンスサービス技術者をDataPortalに登録し、メンテナンスタスクを割り当てることができるようになりました。これにより、メンテナンスマネージャーは、チームの作業量を計画し、追跡することができます。

ペーパーレス化でサービスプロセスを改善

新しいアサイン可能なメンテナンスタスクマネージャーにより、メンテナンスマネージャーはサービス技術者の作業量をよりよく計画・追跡することができます。例えば、いくつのタスクを計画する必要があり、何人の技術者が利用可能か?このような情報に簡単にアクセスできるようになり、メンテナンスタスクを割り当てる際に考慮されるようになりました。一方、サービス技術者は、すべてのタスク、その期限、作業を行う必要のある場所について完全に把握することができます。この部分を可視化し、評価できるようにすることで、メンテナンス計画を効率化し、サービス部門はメンテナンスサービスの計画・実行回数を最大化することができます。このプロセスは完全にペーパーレスであると同時に、関係者全員が簡単に評価することができます。

顧客は、より迅速なサービス計画、ひいてはより早いアポイントメントによって、可能な限り遅延なくビジネスを遂行することができるというメリットを得ることができます。また、OEMは、完全なペーパーレス化とメンテナンスプロセスのデジタル化を顧客に提案し、現在および将来のESGとCSRのコミットメントと目標をサポートすることができ、顧客はこれを高く評価しています。この機能は、業務を改善し、業界で競争力を維持しようとするOEMにとって、間違いなく優先されるものです。

オールインワンのプラットフォームは、どのような方法で車両を管理する場合でも、あなたのやり方で機能します。
  • 機械全体のメンテナンス情報を一つのプラットフォームで提供
  • メンテナンスの状態を容易に把握できる
  • 顧客満足度とロイヤルティの向上
  • 適切なメンテナンスによる運用コストの削減
  • 生産性の向上
  • ROIの向上

アサイン可能なメンテナンスタスクがどのように実装され、どのように機能するかについて、より詳しい情報が必要な場合は、ドキュメントをご覧ください。

もう製品のアップデートを見逃すことはありません。

製品の最新情報をお届けする定期的なニュースレターにご登録ください。