プロエミオンのフィールドアプリケーションエンジニアによるベストプラクティス

データ使用量を最大94%削減する3つのオプション

プロエミオンのソリューションのユニークな強みは、テレマティクスデータをオンエッジでスマートに処理し、データ消費を最大94%削減するようにデバイスを構成できることです。プロエミオンはOEMと密接に協力し、データの完全性とデータ消費量の最適なバランスを実現するためのソリューションを提案しています。

このバランスを実現するために、3つのオプションをまとめました。Proemion Configurator を使用すれば、フィールドアプリケーションエンジニア(FAE)の助けを借りずに、ここで紹介する機会をOEMとして作ることも可能です。

Proemion Configuratorは、ハイレベルなソフトウェア開発フレームワークに代わるProemionのソリューションです。ソフトウェアエンジニアリングのスキルを持たない人でも、テレマティクスアプリケーションを開発・保守できるようになります。Proemion Configuratorは、OEMのプロセスおよび不揮発性変数を実装することにより、OEMに高い柔軟性を提供します。このソフトウェアにより、デジタルフィルターやUDSパーサーのような複雑なアプリケーションを比較的容易に作成することが可能になります。

また、プロエミオンのFAEチームは、必要に応じてProemion Configuratorを使用してお客様のTCUを構成しています。長年の経験から、データ消費を最小限に抑えるためのこれら3つのベストプラクティスを含むベストプラクティスが生まれています。

OEMの典型的な懸念は、IoT Gatewayがセルラーネットワークを介して送信するデータ量です。CANバスのデータをすべて記録した場合、1台あたり1カ月で500MBから2GB以上にもなります。このような大量のデータを送信することは、セルラーデータ伝送のコスト、さらにはストレージのコスト、処理速度、データ検索のレイテンシーを考えると、望ましくありません。結局のところ、データだけでは価値がないことを忘れてはなりません。 情報から得られる洞察力こそが、テレマティクスの導入による最も大きなメリットとなるのです。

これらのFAEのベストプラクティスを使えば、ビジネスの最も洞察に満ちたパラメータに基づいて選択的にデータをロギングするだけで、データ消費を最小限に抑えることができます。

オプション1

デルタ閾値ベースのロギング

Proemion が、データの整合性を失うことなくデータ使用量を削減するために使用するオプションの 1 つに、デルタスレッショルドベースのロギングがあります。デルタスレッショルドベースのロギングは、定義されたパラメータ(スレッショルド)を超える変化があった場合にのみデータを記録することで、データ消費を最小化します。

例えば、OEMはコンフィギュレーターを使用して、「エンジン回転数」が±100rpmまたは他の指標で変化するたびにログに記録されるように定義することができます。この場合、「エンジン回転数」が突然大きく変動した場合、直ちに記録されます。しかし、「エンジン回転数」が比較的一定であれば、記録はされず、データは使用されません。

Configuration for delta threshold-based logging. 

Configuration for dynamically adjustable delta thresholds

オプション2

ダイナミックに調整可能なデルタスレッショルド

デルタスレッショルドのロギングよりさらに一歩進んで、動的に調整可能なデルタスレッショルドでは、データの使用量をさらに細かく調整する条件を設定することができます。このオプションにより、必要なときにはより多くのデータを収集し、そうでないときにはより少ないデータを収集することが可能になります。

例えば、「DOC出口温度」は、この信号が40℃未満を示すとき、±50℃ごとにログを取ることができます。しかし、信号が40 °C以上のときは、デルタスレッショルドを±20 °Cに減少させ、必要なときにログデータの粒度を高くすることができ、データ分析に有利になります。

オプション3

コンディションベースのロギング

いくつかの信号は、値が変化しない限り、まったく記録する必要がないことを知っておくことが重要です。ランプの状態、DTC、ECUソフトウェアバージョンなどのビットフィールド信号が良い例です。コンフィギュレーターで「valid on change」オプションをチェックするだけで、条件ベースのロギングを簡単にセットアップできます。この方法では、受信した信号が変化したときのみデータをログに記録するように指定します。

Configuration for condition-based logging

概要

フィールドアプリケーションエンジニアが紹介するベストプラクティスに従うことで、CANデータのロギングに必要なデータ消費量を月10~20MBまで削減することができます。データの転送と保存の量を減らすことで、処理速度の向上とデータ取得の待ち時間の短縮を実現できます。

プロエミオンのソリューションのユニークな強みは、テレマティクスデータをオンエッジでスマートに処理するようにデバイスを構成し、データ消費を最大94%削減できることです。

Socrates Vlassis
Proemion FAE in our APAC-branch in Seoul, South-Korea

Proemion Configuratorについて

プロエミオンは、CANバス関連の組み込みシステム開発で30年以上、IoT Gatewayで20年以上の経験を有しています。プロエミオンのテレマティクスソリューションが他のオフハイウェイOEMソリューションと異なるのは、すべてが自社で開発・生産されていることです。ハードウェアの開発と生産、組み込みソフトウェア(ファームウェアとも呼ばれる)の開発、およびハイレベルなアプリケーションの開発を1つのプロバイダーで行っています。これによりプロエミオンは、CANバスデータに特化し、J1939、KWP2000、UDS CANバス、およびその他のプロトコルを活用した、非常に安定したハードウェアおよびソフトウェアソリューションを開発することができます。

長年にわたり、プロエミオンは、CANバス通信とテレマティクスの複合ニーズに焦点を当てた、さらなる抽象化レイヤであるプロエミオンコンフィギュレータを開発してきました。これは、IoTアプリケーション開発者が、CANlinkモバイルハードウェア用に微調整され、組み込みソフトウェアの困難な開発から保護するために、テストされ試行された方法のみを使用するように制約することで、組み込みソフトウェアアプリケーションの開発に対する異なるアプローチを提供するものである。

Proemionコンフィギュレーター対応プロトコル

Proemionコンフィギュレータは、ISO/OSIモデル内の異なるレイヤーのアプリケーションを定義することができます。

CANバスアプリケーションの基盤は、CANレイヤー2(ISO 11898-1)です。アプリケーションは、単一のCAN ID(またはビットマスクを使用した複数のID)の受信を許可することで定義できます。オプションでダウンサンプリングを適用し、どのデータバイトをログに記録してProemion Data Platformに送信するかを選択することができます。

J1939アプリケーションを開発する場合、Proemion Configuratorは、PGNによる受信メッセージの定義を可能にするハイレベル・ツールキットを提供します。このツールキットは、DTC BAMに使用されるTP.CM & TP.DTのようなマルチフレームメッセージを自動的に処理します。

Proemion Configuratorは、トランスポート層(ISO 15765-2)でISO-TPマルチフレームメッセージの便利な取り扱いも提供します。これにより、OBD、KWP2000、またはUDSベースのアプリケーションを開発することができ、後者はますます需要が高まっています。バージョン3.0.0.0(2020年8月)のProemion Configuratorは、(J1939用のように)OBD、KWP2000、またはUDS用のアプリケーション層ツールキットを提供していませんが、Proemion FAEチームは、いくつかの要求の高いUDSベースのアプリケーション用のパーサーを容易に開発できるほど強力です。UDSロギングに対する市場の要求が続けば、Proemion Configuratorは、要求の厳しいUDSベースのアプリケーションを容易に開発するための、よりハイレベルなツールキットを提供することは間違いないでしょう。

お問い合わせ

ご質問はこちら

専門家に相談してください。

ソリューションエキスパートに相談する