特徴

メンテナンスタスク

一貫したドキュメンテーションとアフターセールスの収益機会の増加によるメリット

聞き覚えはありませんか?

紙ベースの保守計画や記録は、事実よりも推測に基づいたものである

機械の所有者は、各機械の寿命を延ばし、不必要で費用のかかる修理や、業務に支障をきたす機械のダウンタイムを回避することに大きな関心を持っています。OEMにとっても、機械に対してどのようなメンテナンス作業が計画・実行されているかを把握するために、メンテナンス作業の概要を透明化することが不可欠です。

紙ベースや半デジタルのメンテナンス計画プロセスには、多くのデメリットがあります。メンテナンス情報を伝達するための通信経路が不安定なため、近日中に実施予定のメンテナンス 作業が見逃されることがあります。その結果、不要な機械のダウンタイム、高い修理費、顧客の不満が生じることがよくあります。

メンテナンスタスクについて

信頼性の低い紙ベースの保守プロセスを、デジタル化されたワークフローに置き換える

DataPortal と DataPlatform を使用すると、定期的なメンテナンススケジュールに基づいて、機械データに基づくメンテナンスタスクを実行することができます。これにより、OEMは、紙ベースの文書化プロセスをシームレスなデジタル文書に変換することができます。

努力の結晶

必要な情報は何ですか?

パラメータは、お客様のご要望に合わせることができます。機械の稼働時間や走行距離(kmまたはmi)など、固定または変動するパラメータを使用して、メンテナンスブックやサービスマニュアルに基づいたサービスサイクルを定義します。

小規模のワークショップでは、すべての重要なパラメータについて、また、この機能をお客様のプロセスにどのように組み込むかについて、お客様とご相談させていただきます。

無料動画

デジタル保守管理に関する動画を見る

このビデオでは、次のことを学びます。

  • 紙ベースの保守管理のデメリット
  • 紙ベースの保守プロセスを置き換えるためのオプション
  • メンテナンスタスク機能の導入方法
  • OEMの利点と機会
オプション

メンテナンスタスク機能で始める2つの選択肢

オプション1:Proemion社のDataPortalを利用する。

当社のDataPortalを使用することで、すべてのメンテナンスタスクの概要と完全な透明性を得ることができます。OEMに合わせたロジックが、継続的に機械データをチェックし、タスクを作成します。

メンテナンスタスクは、近日中、省略、期限切れ、完了など、さまざまな状態を持つことができます。

  • 近日中。新しいメンテナンスタスクが間近に迫っている(例:定義された稼働時間数前)。
  • 期限切れ。タスクが予定された時間帯に処理されなかった。
  • スキップされました。期限切れのタスクは、新しい次のタスクの前に処理されませんでした。従って、期限切れのタスクはスキップされます。
  • 完了しました。メンテナンスが実行されました。

インターフェイスでは、状態、組織、マシン、モデルに応じてタスクをフィルタリングし、ソートするオプションが用意されています。また、タスクのリストを印刷したり、エクスポート(CSVファイル)することも可能です。

メンテナンスタスクに登録 すると、お客様のマシンの現在のメンテナンススケジュールについて毎週サマリーを受け取る ことができます。

ディーラーがマシンオーナーとのコミュニケーションを強化したい?それなら、販売店にメンテナンス機能へのアクセス権を与えれば、顧客とのやり取りを強化することができます。

オプション2:すでに持っているツールを使う

DataPlatformのAPIを使用して、既存のメンテナンスチケットシステムまたは別のシステムで自動メンテナンスタスクを生成します。

既存のチケットシステムを保守管理に利用する場合、ProemionのDataPlatformから自動的に情報を要求し、処理された機械データを基に新しい保守タスクやチケットを作成することができます。

あなたのメリット

メンテナンスプロセスのデジタル化を開始

メンテナンスタスク機能を実装することで、OEMは以下のような多くの利点と機会を得ることができます。

  • 顧客とのコミュニケーションを増やし、メンテナンスタスクのスケジュールを立てるために積極的に顧客と連絡を取る。
  • デジタル化されたワークフローで文書化プロセスを改善する
  • 顧客の 機械の稼働を維持し、高額な修理費を回避するためのサポート
  • スペアパーツや消耗品の売上 アップ
  • 販売店のワークショップの回転率を上げる
  • アフターサービスに対する顧客満足 度の向上
お問い合わせ

まだ質問がありますか?
ご遠慮なくお問い合わせください。

専門家に相談する

メンテナンスプロセスのデジタル化により、これらのOEMがどのような利益を得ているかをご覧ください。

CAseを使用する

機械のダウンタイム対策でお客様をサポートする方法について詳しく見る

オンライン・メンテナンス・プランニングで機械のダウンタイムを最大50%削減

デジタル化されたメンテナンスプロセスを提供することで、お客様が紙ベースのメンテナンス計画や文書から解放され、機械の稼働を維持できるよう支援します。

ユースケースを読む